メニュー

仏事・法事のアドバイス


故人の「法名」とは、そもそも何でしょうか?

「法名」とは、「法」つまり阿弥陀如来様のお心・お救いの中に生き死んでいく者、仏様のお弟子としての「名」という事です。このような意味から、阿弥陀様を表す、讃える文字を用いて「釈(しやく)○○」(女性の場合「釈尼(しやくに)○○」もあり)と名付けられます。直接的に、故人の人徳、社会的地位などを表すものではないことに注意しましょう。仏事は、何事も阿弥陀様が中心、主役ですから。

世間では、「戒名」という言い方が聞かれた方も多いでしょう。「戒名」は、「法名」という大きなくくりの中の一形態です。「法名」は仏様のお弟子全体を指しますが、「戒名」はお弟子の中でも特に「戒律を遵守する」ということに力点を置いた名です。いずれにせよ、本来はその意味の通り、生前に名を頂くべきで、仏様の教えをより所に生きる決意の表れです。法名受式についてはお寺まで。


目次: 仏事の意義, 葬儀について.

『歎異抄(たんにしよう)』って親鸞聖人が書いたのですか?

中学校などの歴史の勉強で『歎異抄』の名前を聞かれた方は多いと思います。詳しくはご存じなくても、浄土真宗或いは親鸞聖人と関係がある書物であるという漠然としたイメージはお持ちでしょう。このお書物は、実は親鸞聖人が書かれたものではありません。親鸞聖人のお弟子である、唯円(ゆいえん)という人のお書物であるというのが現在の定説です。書物の内容としては、「異なることを歎く」という趣旨です。

親鸞聖人は、関東に40才~60才頃までご滞在ですが、その後京都に帰られました。すると、親鸞聖人が仰っていないことを自己の立身のために勝手に主張する人々が出てきました。その勝手な主張は、親鸞聖人が仰っていない「異なっている」と「歎く」ことで、批判すると共にきちんとした教えを明らかにしようとしたのが当著書です。


目次: 仏事の意義.

法事の「切り上げ」は何回忌ですか?

何回忌までという原則はありません。一周忌から始まって、三・七・十三・十七・二十五・三十三・五十回忌があります(地域によって二十三回忌もあり)。以後は、五十年ごととなり百回忌、百五十回忌・・・と続きます。しばしば、「親戚が十三回忌までと言っていました・・・」等といわゆる「切り上げ」の有無についてお尋ねがあります。しかし、「切り上げ」は少なくとも当寺を始め、浄土真宗本願寺派にはありません。何故なら、「切り上げ」は必然的にお経に親しみ、仏様の教えに親しむ機会を少なくするからです。手を合わせつつ、法話を聞いて御本尊のお心に触れる御縁は多いほど良いのです。そのような意味から、「切り上げ」は適切ではないのです。


目次: 法事について.

ご法事は少人数でおつとめしてもいいですか?

基本的には、少人数でも良いですよ。それぞれにご事情があるとは思いますし、単純に人数の多寡によってご法事の意義が左右されるわけではありません。しかし、ここからが肝心です。ご法事の意義とは、「故人を偲びつつ、如来様のお心に触れさせて頂く」ことです。つまり、施主様にとって「如来様のお心をどのような形で大切にしたいか」が根本的な要点になります。例えば、「出来るだけ子や孫が参加できる法要にしたい」等です。

まま有ることですが、「遠慮して親戚も、子孫も呼ばなかった」と施主さんが仰ることがあります。もちろん健康状態、ご高齢、国外である等々のご事情がありましょう。お寺の側から強いて「~せよ」とはもうしません。しかし、もし最初から呼ばないという所からご法事を考えられているならば、是非とも今一度ご一考頂きたいのです。

出来るだけ如来様のお心に触れる環境を作って下さることが切なるお寺の願い、仏様の願いです。施主様の「こういう法事をしたい」という意志が、仏様のお心をつなぎます。


目次: 法事について.

初盆のお供え物について

初盆のお供え物は、慣習や地域により異なりますが、一般的には以下のような物が選ばれています。

【乾物類】
椎茸・昆布・高野豆腐・そうめん・かんぴょう(詰め合わせのパックでも可)

【野菜類】
トマト・トウモロコシ・ナス・ささげ・キュウリ・ほおずき等

【その他】
お菓子・果物・餅、提灯(中陰の廻り灯籠でも可)


目次: 仏事の意義, 法事について.

ご法事に必要な用意

・一対のろうそく立てと花瓶(通常は一つずつ)
・お焼香セット(抹香・抹香入れ・焼香炭)←特に忘れがちです!
・御仏飯(御本尊の前にお供えします。容器があれば、両脇も併せて三つご用意ください)
・お供え物(お仏壇中にある、器や供物台に餅・お菓子・果物等左右対称に配置頂きます)
・お念珠/お経本(できるだけご持参下さい。無ければ当寺やお仏壇屋さんへお問い合わせください)
・灯籠/廻り灯籠 (あればお供えして下さい。改めて購入の必要はありません)

また、ご法事の際、僧侶は正装にてお参りさせて頂いております。服装についてはラフすぎない格好でご参列頂けますよう、ご考慮ください。


目次: 仏事の意義, 法事について.

お盆の日取りについてのお知らせ

お盆参りの日取りについて、葉書(または電話連絡)を受け取られた方の中から、「お盆は8月13日~15日と聞いています。葉書の日取りはこの期間から外れているけれどいいのですか」というお問い合わせが毎年あります。この疑問にお答えして、皆様が安心してお盆をお勤めされるようお話しさせて頂きます。

結論から言いまして、何日~何日という期間についての仏教的な規定・根拠はありません。お盆の起源となった『仏説(ぶつせつ)盂蘭盆(うらぼん)経(きよう)』の中では、お釈迦さまがあるお弟子に旧暦7月15日(新暦8月15日)にお弟子の亡母を縁とした法要を行い、仏様の教えを聞くことを勧められたことがお盆の日の根拠となっています。この経名の「盂蘭盆(うらぼん)」を略してお盆といいます。このように、何日~何日ということはお経の中で全く説かれていません。お盆が中国から伝わった時、従来の日本の霊を畏(おそ)れる習俗と混ざって期間(霊が帰ってくる)らしきものが生まれたのです。世間ではすっかり定着している感がありますが、「特定の期間に故人の魂が帰ってくる」という考え方は、前述したお経の内容からもお分かりの通り、仏教に由来する内容ではなく日本に元々あった習俗のものです。

浄土真宗では、お盆の名称と並んで新暦の8月15日を「歓喜(かんぎ)会(え)」と呼んでいます。「歓喜会」とは、お盆の本来の主旨通り、故人を偲びつつ仏様の教えにであって喜ぶ「歓喜」する法要を意味しています。お盆は、亡き人を偲ぶだけでなく仏様の教えにもであう時なのです。法話プリントをお配りしますのでお読み下さい。また、毎月行われている「日曜礼拝」(三木本坊・第二日曜朝八時より)、「みんなの法話会」(西神支坊・第一日曜朝八時より)にもお参り頂き、仏様の教えにどうぞ触れて下さい。他宗派や根拠の曖昧(あいまい)な世間で言う期間に左右されず、まずお勤めをして「歓喜」のお盆を大切にしましょう。


目次: 法事について.

報恩寺の特徴

はじめての方でも安心
自由参加型の行事や法話会・勉強会・相談室を積極的に開催し、親しみやすいお寺をめざしています。
年会費は頂いておりません
年会費等の護持会費や定期的な寄付のお願いはしておりません。
お参りのご依頼はお気軽に
お葬式やご法事などのご依頼は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

出版物のご案内

浄土真宗版エンディングノート
「わたしの想い」- 伝えたい、如来さまの願い -

ご法事・お仏壇・仏法を家族や次世代に受け継いで欲しい、そんな想いをもつあなたの為の書き込み式エンディングノートです。自分史、治療方針、葬儀準備など、一般的なエンディングノートの内容を踏襲するとともに、ご法事・お仏壇・仏法の承継という点に重きを置いております。